[分岐器の種類]

分岐器の基本的なものに、ひとつの線路を2方向に分ける[片開き分岐器]があります。また、二つの線路を交差させる形態の[ダイヤモンドクロッシング]や、隣り合う線路と線路を連絡する[渡り線]などがあります。これら片開き分岐器を変形し、ダイヤモンドクロッシング、渡り線などと組み合

わせていくと、多種多様な種類の分岐器が可能となります。また、三本のレールを並列して、標準軌と狭軌のように軌間が異なる線路を共有する三線軌道では、[三線式分岐器]が使用され、分岐器の用途を広げています。

主な分岐器の種類

片開き分岐器

片開き分岐器

Single turnout

直線の線路から他の一つの線路が右側または左側に分かれる線路構造で分岐器の基本形といえます

両開き分岐器

両開き分岐器

Split turnout

直線の線路が、左右対称の二方向に分かれる線路構造です

振分分岐器

振分分岐器

Unsymmetrical split turnout

直線の線路が、左右非対称の二方向に分かれる線路構造です

内方分岐器

内方分岐器

Double-curve turnout in same direction

曲線の線路から他の一つの線路が曲線の内方に分かれる線路構造です

外方分岐器

外方分岐器

Double-curve turnout in opposite direction

曲線の線路から他の一つの線路が曲線の外方に分かれる線路構造です

乗越分岐器

乗越分岐器

Run-over type turnout

直線あるいは曲線の本線路を、レールを乗越して分岐する線路構造で、通常車輌が本線へ逸走するのを防止するため安全側線へ分岐させる目的で使用されます

ダイヤモンドクロッシング

ダイヤモンドクロッシング

Diamond crossing

二つの線路が交差する線路構造です

渡り線

渡り線

Crossover

二つの隣り合う線路を連絡する線路構造で、二つの分岐器から構成されています

シーサースクロッシング

シーサースクロッシング

Scissors crossing

二つの隣り合う線路を二つの渡り線が交差する線路構造で、基本形は4つの片開き分岐器とダイヤモンドクロッシングから構成されています

シングルスリップスイッチ

シングルスリップスイッチ

Single slip switch

ダイヤモンドクロッシングの片側に渡り線がある線路構造です

ダブルスリップスイッチ

ダブルスリップスイッチ

Double slip switch

ダイヤモンドクロッシングの両側に渡り線がある線路構造です

三線式分岐器

三線式分岐器

Mixed gauge turnout(with three rails)

三線軌道で分岐する軌道構造で、図は三線軌道から狭軌軌道に分岐するものですが、軌道の組合わせによって種々の構造があります