ローラー床板

ポイントの保守作業省力化を目的として開発されたローラー床板は、
施工・保守において幾つもの利点を持ち合わせています。

省力化ポイント床板としてのローラー床板

ローラー床板は省力化ポイント床板として次の特徴を持っています。

  • 給油は全く不要です。
  • 軌道変位にも対応できる構造です。
  • 各番数に共用できます。
  • ローラーの構造が簡単で耐久性に優れています。

ローラー構造と使い方

  • Schwihag社製のローラーカセットは、一体型で床板に簡単に取り付きます。
  • 床板は自社で設計・製作しています。
  • ローラーは高さが調節できる構造で、1個用、2個用を組合せて使います。

省力化ポイント床板としてのローラー床板
ローラー床板断面
ローラー構造と使い方
ローラー
(輸入元:住友商事株式会社)

床板の構造

  • ローラーカセットが簡単に取付く構造です。
  • ローラーカセット位置は軌間方向の調整ができます。

床板の種類

  • 50kgNレール用と60kgレール用の2種類です。

効果

  • トングレールは個々のローラーによって滑らかに持上がり転換します。
  • 転換力は従来型床板より約40%軽減されます。[社内での転換力試験による]
  • 通り、高低の変位が生じた場合、ロ-ラ-位置調整により機能を保持する事が可能です。
  • 粉塵が多い現場でもローラー機能を十分に保持できる構造になっています。